植物の魅力を知ってプレゼントしよう

植物は様々な形で空間を彩り、人の癒しになってくれるものです。プレゼントにぜひ植物を選んでみましょう。選び方に困ったら西畠清順さんが主宰するそら植物園のホームページを参考にしてみましょう。

贈り物に最適な植物と不適切な植物

開業祝いには観葉植物が最適

ビジネスやプライベートを問わず、開業祝いには観葉植物が喜ばれます。置くだけで癒しの効果があると言われており、室内の空気をクリーンにする効能もあります。相手のオフィスのスペースを考えて、長く置いておきやすいサイズを選びましょう。大きなものになる場合は配送条件も忘れないように確認するのが失敗しないポイントです。

お見舞いに鉢植えは問題

無機質になりがちな病室を彩るために、お見舞いに花を選ぶ方は多いですが、鉢植えは絶対に贈ってはいけません。鉢の中に根を張るところからの連想で、病室に根を張り、なかなか退院できないことを想起させます。植物を送る場合は花束などにし、花瓶に生ける形にしましょう。

知識が豊富にあります

菊

西畠清順が代表を務める会社では、商業施設における緑化計画や空間演出など数々のガーデニングプロジェクトを手がけています。その会社の特徴はスタッフの知識が豊富にあるという点です。実績が多くあるため、その分、スタッフの知識も多くあり、的確なアドバイスをすることができます。もちろん、知識のみならずノウハウも多く持ち合わせていますので、どんなプロジェクトでも的確に対処することができるという点も特徴と言えます。

価格もリーズナブル

女性

こうしたガーデニングプロジェクトでは費用がかかると言ったイメージがありますが、西畠清順が代表を務める会社では比較的リーズナブルな価格で提供しています。この会社ではガーデニングに関する様々なプランを持っていますので、予算に応じた提案が可能となっています。このため予算が少なくても十分に満足のいくプロジェクトを実施することができます。もちろん見積もりは無料で、内訳までしっかりと明示してくれるという明朗会計なのも嬉しい特徴と言えます。

様々な場面で利用されています

ブーケ

西畠清順が代表を務める会社が手がけるガーデニングプロジェクトは実に様々な場面で利用されています。中でも多くあるのが商業施設におけるプロジェクトで、百貨店などのフロア空間をガーデニングします。また、博物館などと言った公共施設においてもその利用が多く見られます。そこではエントランスにプランターを植栽するなどちょっとしたガーデニングを実施しています。これらはいずれも集客を図るという目的もありますが、それ以上に見る人の気分も落ち着かせるという目的もあります。

上手に活用しよう

花束

このように西畠清順が代表を務める会社では多くの場面において魅力的なプロジェクトを実施しています。この会社を上手に活用するためには、この会社が手がけたガーデニングを積極的に見に行くことです。写真ではなく生で見ることで、そのダイナミックスさやスキルの高さが実感できるのです。少しでも興味のあるガーデニングを見かけたら実際に足を運び、そこからヒントを得るという活用の仕方が有効となります。

広告募集中